夏、深緑、スパークにて。

どうも。

坂東市の“髪と頭皮の美しさ”を追求する美容室Hair SPARKです。

カラーしたのに…なんか赤い!?

そんなことを感じたことはないでしょうか?

もちろん、レッドやオレンジなどの暖色系で染めていれば当たり前のことですが、問題はアッシュなどの寒色系で染めた時です。

なんで赤みが出ちゃうの?

これは髪の中のメラニンに大きな影響を受けています。

メラニンにはユーメラニン(黒色)とフェオメラニン(黄色)の2種類があります。

カラーリングをして明るくしていくと、最初にユーメラニンが分解され、黒→こげ茶→赤茶→オレンジ→黄色といった感じに変化していきます。

日本人はユーメラニンの割合が多く、欧米人などはフェオメラニンの割合が多いのです。

なので、我々日本人の髪は赤みが取れにくいのです。

じゃあ…ブリーチしかないの?

そんなことはありません。

こちらをご覧ください。

2ヶ月ほど前に10レベルでカラーリングをしています。

この方は、比較的ユーメラニンが多く、赤みが消えにくい髪質です。

色も抜けて、前回カラーしていた部分はオレンジ色になっていますね。

では、この赤みを消していくにはどうすればいいのでしょうか?

ズバリ、『緑』!!

理由は、赤と緑が補色の関係にあるから。

補色とは、色相環の対向にある色のことなんですが、今は難しいことは抜きにして、お互いを打ち消しあう色と認識しておいてください。

それで、赤の反対は緑なのです。

なので、ガッツリ濃いめの緑を乗せていきます。

すると…?

なんということでしょう。

気になっていた毛先の赤みが抑えられ、透明感と深みを両立したオリーブアッシュに。

わかりやすく比較してみましょう。

はい、良い。

なかなか消えない赤みに悩んでいるあなた、ぜひ一度お試しあれ。

ちなみに

ブリーチをして、ある程度赤みを削ったところにグリーンを乗せても、とても綺麗です。

仕上がりはこちら。

はい。

僕です笑。

染めた方があまりにも綺麗な色だったので、自分も染めずにはいられませんでした。

今年の夏は『オリーブ』

しばらく人気が続いていて、夏にもオーダーが増えるのがアッシュです。

そんな中、深みと透明感を兼ね備えたグリーン系カラー、オリーブは注目を浴びること間違いなし!!

この夏は一味違うオリーブで、周りと差を付けましょう!!


ご予約はこちら

0297-47-5515


住所

茨城県坂東市辺田1517

グリーンショッピングセンター2F


営業時間

月〜金: 9:00 – 19:00

土日祝: 9:00 – 18:00